ホーム > 失敗しないインプラント選び

失敗しないインプラント選び

インプラントをご検討中の方へ

インプラントをご検討中の方へ

健康だったときの自分の歯と同じように噛めること、口内に違和感がないこと。この2つだけを考えてもインプラントは魅力的です。
さらに、残った健康な歯に負担をかけません。

夢のような治療法ですが、インプラント治療をきちんと行うためには、最新の充実した設備と研鑽を積んだ高度なテクニック、数多くの症例を手がけてきた実績、高い清潔度を要求される治療室などが不可欠だと当医院では考えています。

また、その後のメンテナンスもしっかり行うことが必要であるため、インプラント治療を行うのであれば、カウンセリングにじっくり時間をかけて十分ご納得いただき、信頼関係を築いた上で行うことが重要です。
日帰りで行えるとはいえ、インプラント治療は手術です。どうか、しっかりご検討ください。

インプラントのメリットとデメリット

歯を失った場合には、治療法としてインプラントをお勧めいたします。入れ歯やブリッジなどもありますが、インプラントは他の歯に負担をかけません。

残された歯を健康に保つことは、健康寿命のことを考えても非常に重要なことです。
さらに、食事の楽しみを損なわないこと、健康な歯と同じように噛めること、違和感のないこと、審美的な自然さといったインプラントのメリットを考えると、まずはインプラントをおすすめするという選択になります。

ただし、インプラントのデメリットとして下記のようなこともあげられます。
・治療期間が長くなる可能性がある。
・保険適用ができないため、治療費が高くなる。
・全身疾患がある患者様の場合、手術が受けられない可能性がある。

上記のことで、不安な方は一度ご相談下さいませ。

入れ歯とインプラントとの違い

入れ歯とインプラントとの違い

入れ歯は比較的短時間で噛む機能を回復させます。また、外して洗えるのでお手入れも簡単です。費用的な面でも、入れ歯は保険での治療も可能なのでご負担も少なくて済みます。

デメリットは、まず口内に異物感があること。また、粘膜を覆う部分があるので、食事の際に温度や味を感じづらい部分があり、食事の楽しみが阻害されます。

口内の状態は体調や体重の増減で変化するため、ズレも出やすく、定期的な調整が必要になる場合も多くあります。さらに笑ったときに金属が見えてしまうことや、外して洗浄する必要があるので、旅行のときなどに入れ歯であることを気にされることもあるかと思います。
総入れ歯は別として、残った歯がある場合には、そちらにかかる負担が大きくなります。

インプラントは、入れ歯のそういったデメリットを解決する治療法です。インプラント体という人工物を骨に強固に密着させて歯の根の働きを回復させるため、永久歯として生えたときのままの健康な状態と同じような歯を取り戻し、まわりの歯に一切負担をかけず、お口全体の健康を守ることができます。

横浜インプラントサロン 監修 Spic Salon Dentaire 電話番号は045-781-4414

新着情報

一覧を見る

2017/08/01

《夏期休診のお知らせ》
8月14(月)15日(火)は休診させて頂きます。
なお、この週の木曜日もお休みになります。

2015/06/27

6月27日(土)午後学会出席の為、
休診させて頂きます。

アクセス



■住所
〒236-0045
神奈川県横浜市金沢区釜利谷南4-23-3

詳しくはこちら