スタッフブログ

2014年3月26日 水曜日

老舗のパン屋さんでソフトフランス☆

2014年3月26日(水)


みなさま、こんにちは

横浜インプラントサロンの新倉です

今日もだいぶ暖かいですね~

でも雲行きは怪しくなる一方です

今日は雨の予報だったにもかかわらず、傘を持って出てこなかったダメなわたし

帰りに降ってたら誰かの傘をお借りすることで問題解決と思っている

ちゃっかり女子(女子って歳なのか疑問)です

そしてまたしても明日の休みは・・・・雨

木曜日の雨記録、なにげに更新中ですよ

どうして休みに限って雨なんだー!!!!!!




またしてもパンの話

横須賀にあるパン屋さんの話はけっこうしてきたのですが

ここの話は初めて(おそらく)だと思います

横須賀でよく食されているであろうパン

それは「ソフトフランス」です

フランスパンと言えば棒状のパリパリのハードパンですが

横須賀にはふかふかでやわらか~いフランスパンが昔からあるのです

横須賀の老舗ベーカリー「ヨコスカベーカリー」さんの看板には

「元祖ソフトフランス」と書かれていますが

わたしは浜田分店さんのソフトフランスをこよなく愛しています

家からわりと近かった「浜田分店」さんは創業がなんと大正3年

1914年・・・第一次世界大戦の頃からあるのかぁ

小さい頃は仕事帰りの父の定番のおみやげでした

とても不便な所にあって車もすごく止めずらいのですが

いつもお客さんで賑わっていて、チキンサンドなどのお総菜パンは

運よくできたてに巡り会うと争奪戦です

小学校の頃土曜日のお昼に母が仕事でいない時は

ソフトフランスにハムや卵、コロッケなどをサンドしたものが用意されていることが多く

あまりに食べ過ぎて、一時食べなくなったこともありましたが

やっぱり懐かしくてまた食べたくなるんですよね

しばらく横須賀を離れていた時は4年ぐらい食べていなかった反動で

戻ってからは定期的に買いに行ってます

ちなみになんで横須賀でフランスパンなのかというと

江戸時代末期から明治時代にかけて、当時日本で最大の造船施設「横須賀製鉄所」が建造され

この時多くのフランス人技術者が横須賀にやってきました

そのフランス人技師たちにパンを食べさせるため

横須賀製鉄所内に直径2メートルもある石造のパン焼き釜がつくられました

その時焼いていたのはおそらく普通のフランスパンだったと思うのですが

日本人向けにソフトフランスができたとか

当時の日本人には固いフランスパンはお口に合わなかったのでしょうかね?

そのままでもおいしいですが

かるく焼いてバターをつけて頂くとさらにおいしいですよ

個人的にはピーナッツクリームがオススメ

最近私が子供の頃からあるソフトフランスより少し大きいサイズのがあって

母に話したら「昔はあのサイズだった」とのこと

わたしが知ってるのよりさらにふかふかですごくおいしかったので

またさらに来店頻度が上がっちゃうな~

以前は市内のスーパーに卸していたようですが今はやってません

ちなみに浜田パンと浜田分店は違うお店です(間違えている方多し)

浜田分店の本店はとっくの昔になくなってしまって分店だけが残ってるらしいのですが

なんとも不思議な話ですね

わたしはここのあんドーナツも最高に好きです

書いていた食べたくなってきた・・・・

みなさまもよろしかったら是非



ではまた金曜日

 


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 Spic Salon Dentaire 山口歯科

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
横浜インプラントサロン 監修 Spic Salon Dentaire 電話番号は045-781-4414

新着情報

一覧を見る

2015/06/27

6月27日(土)午後学会出席の為、
休診させて頂きます。

アクセス



■住所
〒236-0045
神奈川県横浜市金沢区釜利谷南4-23-3

詳しくはこちら